バディホーム
コンセプト
コンセプト

木へのこだわり  空気へのこだわり  断熱へのこだわり

 
 
木へのこだわり
無垢素材で「美しさ」と「やすらぎ」
無垢素材で感じる優しいぬくもり
住まいとは住んでいる人が安らぐ場所であり、未来を創造する拠点と考えております。 住まいの大半の材料を占める木材を使用することにより、生まれ育った生活環境を著しく変化させず、住み心地が良い家、お子様のデリケートな感性を大事に育んでいければとの思いから、栃木県八溝産系の木材をふんだんに使用した家をつくる事にこだわりました。 やさしい木肌は、触感に敏感なこどもたちの感性を育みます。
結露が生じにくい

木が呼吸することはよく知られています。調湿機能を持っているため、周囲の湿度が高くなると湿気を吸収し、乾燥すると水分を放出します。
木をふんだんに使った室内は、結露が生じにくく、穏やかで快適な環境を保ちます。まさにお年寄りやお子様に優しい、時代にふさわしい住まいといえます。
木の持つ調湿機能は室内の湿度を最適といわれる60?70%に保ちます。
そのため、カビを繁殖させたり、ダニや細菌の原因のひとつとなっている結露を防ぐことができるのです。

 
家屋の寿命が長い

日本の木造住宅が建築方法やメンテナンスによって、百年・千年単位で建ち続けることが可能だという事実は、多くの建造物が証明してくれています。
鉄筋コンクリート(RC構造)の耐用年数はキチンとした設計である前提で50~60年と言われています。

木は、乾燥すれば水分を吐き出し湿度が多い時は水分を吸い込むことで快適な環境を調整してくれます。
加えて、目にやさしいさまざまなカタチの木目、冬でもじんわりあたたかい木のぬくもり。
やさしい木の香りなど、木には人に癒しを与えるたくさんの効果があります。

 
 

木へのこだわり  空気へのこだわり  断熱へのこだわり

ページトップへ

コピーライト